top of page
農作業をする男性

Blog

My trip to Afghanistan

アフガニスタンの旅

以下のビデオはアフガニスタンに農家さん訪問時や現在のアフガニスタンの街などのビデオです。 是非ご覧ください。 My Trip to Afghanistan Part 1 My Trip to Afghanistan Part 2 My Trip to Afghanistan Part 3

私は今年 7 月から8月にアフガニスタンへ向かい、首都カブールだけでなく東部や西部など様々な地域へ足を運びました。リスクもありましたが、無事に帰省できました。           その際は、親戚や友人、知人との再会、また現在のビジネスの継続のために農家さんや輸出事業者とも商談を重ね、8 月半ばには日本へ戻りました。 アフガニスタンの地に到着した時、また農家さんに再会できた時は自然と涙が出てきました。 日本の皆さまからのドライフルーツやナッツを食べて感動したなどと頂いたたくさんのお言葉も農家さん一人一人に伝えさせていただき、 この輸入を通してわたし自身が成長させて頂いていると感謝の気持ちでいっぱいです。 アフガニスタンの新ナッツやドライフルーツ、刺繍製品などの輸入準備を進めております。 アメリカ軍のアフガニスタン撤退、タリバン政府の始まりから1年を経た今、私の考えを述べさせていただきます。 ======================== タリバン政府に対して、私が思うことは「アフガニスタンが経済、政治、社会、そして国際社会と直面している非常に重要で巨大な問題の本質」をまず彼らは現実のものとしていない、更には、それを理解することができない。そこに理解がなく、包括する意欲がない。もし能力があり専門知識を持つ人が、政治的、またはイデオロギー的な理由が異なるという理由だけで歓迎されないならば、私は解決の糸口にはならないと言いたい。国際的な援助は感謝されるでしょう。しかしアフガニスタンは国際社会との連携を必要としており、それが実際にアフガニスタンを持続可能な道へ導くことができるのです。そういった協力、少なくとも西側諸国とはまだ道は遠く、米軍による空爆でアルカイダ指導者がカブールで殺害されたことで、更に複雑になりました。アフガニスタンの未来は暗いように感じましたが、 一歩ずつ自分のできる道を模索し行動していきたいと思います。 アシュラフ・バブリ



閲覧数:211回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page